あけみ のすべての投稿

どんなスタイルであれ表現者でありつづけられたらいいな...。創作の森クプカを夫(水彩画家・村田收)と共に運営。文章作品や人形作品を創作してクプカの森の中にある『Akemiの絵本カフェ』にアップしています♪

お誕生日にもらえる原画~♪

Painted by Osamu Murata.

毎年、お誕生日には画家である夫から手描きのバースデイカードを贈ってもらえます。ずっと小箱に集めています。宝物だから~♪私的なプレゼントなので本来、公開するものではありませんが、先月(2018年1月23日)にもらった絵だけ、ご紹介しましょう。よく見ると私の他に、愛猫ビヤやオサムさん(夫)もいるのですよ。この絵とっても気に入っています~♪

This year’s picture awarded by a husband who is a painter. Birthday cards are always luxury original drawings.

寒中お見舞い申し上げます。

ことし2018年の冬は、年が明けてから全国的に寒さが厳しいですね。インフルエンザも猛威をふるっているようです。岡山南部に暮らしていると、めったに雪は積もりませんが、それでも何度か雪が舞い、短い時間でしたが白くなったりしました。

我が家のリビングから見えた雪景色。

那須高原で育ったビヤも久しぶりの雪を眺めています。

寒いので、すぐにストーブの前に戻りましたが。。。
みなさん、風邪などひかないでくださいね。

明けましておめでとうございます!

昨年は、5月に個展(岡山市)、選考委員&作画を担当した『アンデルセンのメルヘン大賞』授賞式に広島へ、その原画展が神奈川県の川崎市市民ミュージアムでも開催して頂き、『メルヘン文庫34集』として出版もされ充実した年でした。
今年2018年は、東京銀座のギャラリー惣(sou)での個展を11月19日~24日の日程で予定しています。また新たな世界も模索しつつ日々、画業に精進したいと思っています。
村田收

那須高原から岡山に移り住み、もうすぐ7年になろうとしています。岡山の地にも多くの知人や友人が出来、二人と一匹(biya)元気に暮らしています。昨年は11月の禁酒會館での個展『うさぎ詩人の十一月』に手ごたえを感じることが出来ました。会期中には、『人形と音楽のお茶会』の中で、自作の詩を朗読するという機会もあり、創作の森KUPUKAで創りつづけてきた文章作品にもスポットが当たったことで、文筆業の方も頑張りたいと思いました。なんの作家であれ枠に縛られず、創作者でありつづけたいと改めて思った一年でした。本年もどうぞよろしくお願いします。
村田あけみ

メリー・クリスマス!2017

クプカの森より愛を込めて~♪

村田收が描いた油絵”Sanctuary” -聖域-, Oil on canvas, F30, 727x910mm.のポストカードをこんな風に飾って下さっていたお友達のお宅にて撮影。

みなさんも素敵な聖夜をお過ごしください。そしてよい年を!

・・とビヤ・サンタも言っております~♪

村田收の油絵をバックに我が家のクリスマスツリー。

『うさぎ詩人の11月』リポート【VOL.3】

大正12年生まれの超レトロな『禁酒會館』2階ギャラリーにて開催した『うさぎ詩人の11月・村田あけみ作品展』。リポートの最後は、展示風景を少しご紹介しましょう。

道のところにご案内の看板。
小さなギャラリーにお客さまがいっぱい

小さなギャラリーですが、何とも落ち着く空間で『人形の小部屋』って感じで、会期中は全日在廊しましたが不思議と疲れませんでした。

看板を見て来られた中国からの観光客ご一行さまと。左から二人目は村田あけみ(私)。

ある日には、道に出していた看板の『うさぎ詩人』の作品に惹かれ、二階まで中国人観光客の方たちが上がって来て下さいました。看板の作品はすでに赤シール(売約済み)でしたが、とても展示を楽しんでくださり、四川省(パンダの故郷)へ私の人形も二体、嫁いでいきました。カタコトの英語と漢字の筆談でしたが、とっても感じのいい方たちでしたよ~♪

作品をじっくりご覧になるお客さま

展示風景の動画もアップしておきましょう。

短めのバージョンはこちら↓

長めのバージョンはこちら↓

とても楽しい6日間の展示でした。来年2018年も同じ場所で、10月に予定しています。また、お会いしましょう!

人形(造型)作家・村田あけみ 2017.12月