あけみ のすべての投稿

どんなスタイルであれ表現者でありつづけられたらいいな...。創作の森クプカを夫(水彩画家・村田收)と共に運営。文章作品や人形作品を創作してクプカの森の中にある『Akemiの絵本カフェ』にアップしています♪

『うさぎ詩人の11月』リポート【Vol.1】

2017年11月23日~28日の会期で岡山禁酒會館2階ギャラリーにて開催した

村田あけみ作品展『うさぎ詩人の11月』無事に終了しました!

展示会を開いた岡山禁酒會館は、大正12年生まれの国の文化財にも指定されている洋館(木造3階建)。

この建物に入って木の古い階段を登ると

2階にギャラリーがあります。

扉の向こうには、作品を50点ほど展示しました。

白い壁面には生のアイビーなども飾って楽しい雰囲気に~♪

展示した人形たちより少しご紹介。たとえば、こんな子たちです。ほんの一部ですが。

お客さまのご覧になる風景とかは、またVol.2でご紹介しましょう。

人形(造型)作家・村田あけみ

『人形と音楽のお茶会』開催します♪

『うさぎ詩人の11月』村田あけみ作品展
会期・2017年11月23日(木・祝)~28日(火)
時間・午前11時~午後5時
場所・岡山禁酒會館2階ギャラリー
【全日作家在廊】入場無料 約50点展示

会期中の土曜日11月25日に一夜限りのイベント
「人形と音楽のお茶会」テルミン演奏と朗読

を開催します。

「人形と音楽のお茶会~テルミン演奏と朗読」
(入場+お茶菓子 無料)
◆演奏と朗読は17:30~(開場16:30~)
◆テルミン 中村隆子/ギター 黒瀬尚彦
◆朗読&お話 村田あけみ
◆岡山禁酒會館二階・集会室

ちょっと不思議な動物や妖精、天使etc.人形たちと、妖しく奏でられるテルミンやギターの調べ…音楽とコラボして朗読する村田あけみの詩世界もゆるゆるお楽しみください。
舞台は大正12年生まれのレトロな『禁酒會館』歴史を秘めた木の階段をトントン(ギシギシ)登って迷宮へどうぞ。簡単なスナックととドリンクもご用意しています(無料)

村田あけみ作品展のご案内♪

ポストカード

「うさぎ詩人の11月」村田あけみ作品展 
会期・2017年11月23日(木・祝)~28日(火)
時間・午前11時~午後5時
場所・岡山禁酒會館2階ギャラリー
【全日作家在廊】入場無料 約50点展示

うさぎだけではなく、妖精、天使、魔女、動物たちなど色んな人形や造型作品を展示します。お楽しみに~♪ポストカードご希望の方はご遠慮なくお知らせください。

禁酒會館ってなあに?↓
ギャラリーがある禁酒會館って名前、かなりインパクトあるので???って思われている方も多いハズ。ちょっとご説明しましょう。

岡山市の市街地で大きなビルに挟まれながら建つ小さな木造建築が岡山禁酒会館。大正12年築で、木造でありながら岡山空襲も乗り切った歴史ある建物です。もともとは、禁酒運動の拠点として建てられました。大正10年ごろ不況のためお酒に依存する人が増え、社会問題になっていたとか。運動は明治時代より日本に伝わった世界的な運動だったそうですが、岡山禁酒会館は食堂、禁酒運動の為の会議室、そして宿泊施設を備える施設として誕生しました。

ただ現在はそういう活動に使われてはいません。名前だけが残っています。もちろん愛飲家の方でも入場、利用可能です(笑)平成14年に国の登録文化財に指定されました。岡山駅から歩いて15分くらいの場所。バスや市電でもお越し頂けます。

建物の構造は、木造3階建、寄棟造。スレート葺(一部鉄板葺)の屋根は3階部分で腰折風に処理されています。ドイツ壁風と白タイル張を組み合わせ垂直性を強調した正面の意匠とあいまって、市街地の歴史的景観の象徴となっている・・とのことです。なお、一階にはキリスト教系の本屋さんが入っていますが、別に宗教色のある建物というわけではありません。美味しい珈琲店も一階にはあります。

花びらが散る音

ハスの花の写真を撮っていたら、バラッバラとかなり大きな音が響きました。見ると、ハスの花びらが散る瞬間ではないですか!

一枚落ちると連鎖するようにバラバラっと数枚落ちて行きます。しかも落ちる先が大きなハスの葉の上なので、まるで太鼓のうえに落ちるように音が響くのですね。新鮮な驚きでした。

I heard the sound of lotus petals falling on big leaves. The leaves will sound instead of drums. It was a fresh sound.

花びらが散ることで発する音を聞いた記憶がないので、新鮮でした。花びらにもちゃんと重みがあることを知った….夏の日。

暑中お見舞い申し上げます~2017

暑さも本格的。みなさんいかがお過ごしでしょう?
年々、亜熱帯化がすすんでいるんじゃないか…と思う暑さですが
ビヤも私たちも元気です。さて、この状況どうなってるか分かります?

カミナリが遠くで鳴っているので、ビヤは不安なのです。そこで、夫(osamuさん)の足のうえにチョコンと座っています。ちょっとでも触れていると安心なのかな??ふだん甘えるのは、私(akemi)のヒザの上なのに、なぜか防衛上に危険がある時は私のそばではなく、いつも彼の足元….(^^;