凍った池のうえで光の粒が…

週に一度、近所の操山を歩くようになってもう三年以上たちました。ご近所の山歩きのメンバー8人ほどで歩いていますが、毎週、同じようなコースを歩いていても季節でちがう表情を見せてくれるので、不思議とあきません。

さすがに冷えた日の朝に歩くと、見慣れた池が全面、うっすら凍っていてまるで違う表情を見せてくれました。

koruike5

晴れの国・岡山の南部に暮らしているとめったに出会いない光景です。

koruike1

凍った池のうえで光の粒が遊んでいました。

koruike3

池も凍る季節になると思い出すのが氷柱(つらら)。那須高原に住んでいた頃は玄関の上など軒先にはスグ長く伸びたものです。その氷柱を見ながら『冬の爪』という詩を書いたりしました。

ここにあります→http://www.kupuka.com/EhonCafe/fuyutume.html

寒くなると恋しくなる 那須高原での日々です。

turara1

10年間暮らした那須高原の家の玄関↑冬にはこんな風景が普通でした。

turara2

高い場所に出来る氷柱は落とせなくて、どんどん太く伸びて氷の太い柱のようになったものです。自らの重みに耐えかねドシーンと落ちた雷鳴のような音まで、なつかしい。

失ったものは遠くかけがえのない記憶ですが、結局、いつかは死ぬわけでそのときには何も持っては行けません。美しい思い出を心に集めて羽根に変え、飛んで行きたいと思っています。

2017. 冬の雑感 ~akemi

「凍った池のうえで光の粒が…」への3件のフィードバック

  1. おはようございます&お久しぶりです、ひなたです!
    今日も寒いですね~。風がゴウゴウ言ってます。
    1月も後半戦になりましたが、今年もよろしくお願い致します!

    5月に収さんの個展があるのですね~。ヒャッホー!!(笑)
    油絵作品「Sanctuary」は拝見できるのでしょうか?
    (同じ画廊で同じ作品を再び展示するのはやっぱり難しいですかねえ。でも、見たい!)
    兎にも角にも、収さんの個展をご褒美に日々がんばります!

    池の写真、とても幻想的ですね。
    明け方撮られたんでしょうか?
    寒さも忘れてじっと見てみたくなる風景です。

  2. ひなたさん、声を届けてくれてありがとう。明け方ではなくもう午前11時くらいになっていましたが、北側にある池なのでまだ凍っていました。

    油絵作品「Sanctuary」は飾るかどうかまだ未定ですが(大きな作品なのでスペースの問題もあって)テトラへドロンさんでも、東京の銀座でも展示しましたからね。でも我が家にはアルので、そのうち観に来てください・・と言いつつ、展示するかもしれませんが(笑)

    ビヤも寒さにキューブハウスの中で湯たんぽ抱いてます。雪のかまくらに入ってるみたいでしょ?

  3. ひなたさん 個展を楽しみにしてくれて、本当にありがとう。油絵作品「Sanctuary」は、ひなたさんのご要望に応えて展示する方向で努力を継続中です・・(政治家的発言^^)その他、雰囲気が似た、油絵の天使(小さい)はたくさん展示予定です。今、ダイレクトメール作成中です。またお会いできたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です