村田あけみ作品展情報・DM♪

【村田あけみ作品展~のすたるじっくアイランド】
会期 2019年4月12日(金)〜16日(火) 
4月12.13.14日(金土日)作家在廊。
時間 12:00〜18:00
会場 Gallery Blau Katze
大阪府富田林市加太1-3-24
電話 072-370-6241(営業時間内)
http://gallery-blaukatze.com/

ポストカードご希望の方はお知らせください。ただ今回は、大阪ということもあり枚数をあんまり多く作っていないため、個展にいらっしゃる予定の方のみへの発送となります(すみません…数が残り少なくなってしまいました)

大阪の『Gallery Blau Katze ブラウカッツェ』にて開催します。ホームページはこちら→http://gallery-blaukatze.com/

★アクセスはココをクリック!駐車場も7台分あるそうです。

 

 

あれから8年。祈りを込めて….

タイトル『月舟~Moon boat~』

また今年も東日本大震災が起きた3月11日がやってきました。

あの日を境に人生が激変した人は沢山いることでしょう。命を失ってしまった人はもちろん、原発事故の影響を受け、ふるさとを離れることを余儀なくされ、今なお仮設住宅や慣れない土地で暮らしている人たちも大勢います。私たちもあの震災と原発事故の影響を受け、2011年に那須高原から実家(村田收の)がある岡山県に移住を決めました(両親が高齢になってきたこともありますが)。

岡山に来て最初の1~2年は心も生活も立て直すのに苦労しました。でも月日の流れというのは有難いものです。しだいに友人知人も増え、いまは二人とも創作に励んでいます。一緒に連れてきた愛猫ビヤも14歳と高齢にはなりましたが、元気で寄り添ってくれています。

祈りを込めて創った人形を飾りましょう。
月の舟でうさぎの女神は祈りの海を渡ります。

4月に↓この展示会でご覧いただけます。
【村田あけみ作品展~のすたるじっくアイランド】
会期 2019年4月12日(金)〜16日(火)
4月12.13.14日(金土日)作家在廊。
時間 12:00〜18:00
会場 Gallery Blau Katze
http://gallery-blaukatze.com/

4月大阪『村田あけみ作品展』に向け創作中。

三月になりました。丁度、庭に満開の枝垂れ梅(まだ小さな木です)が満開。私が創ったふたり『春想い雛』にも、お花見させてあげました~♪この子たちも4月の大阪での展示会に連れて行く予定です。

【村田あけみ作品展~のすたるじっくアイランド】
会期 2019年4月12日(金)〜16日(火)
4月12.13.14日(金土日)作家在廊。
時間 12:00〜18:00
会場 Gallery Blau Katze
http://gallery-blaukatze.com/

 ちなみに、このお雛さまには書家・村田香葉(夫の母)の直筆屏風も付いています(屏風・台座付き)♪一式飾るとこんな感じになります。『花のかおり』としたためられています。
大阪での『村田あけみ作品展』には、約50体ほどの作品を展示する予定です。4月の良い季節です。旅行がてらいらっしゃいませんか?ポストカードご希望の方はお知らせください。

2019年もどうぞよろしく!

2019年、明けましておめでとうございます!!!
今年も、どうぞよろしくお願いいたします。

Painted by Osamu Murata

2019年も創作の年にしたいと思っています。

私たち(Osamu&Akemi Murata)の展示会の予定もいろいろ決まっています。まずは2019年前半に予定しているのはこちら↓

●4月・大阪『村田明美人形展』
会期・4/12(金)〜4/16(火)(12時〜18時)
大阪『Gallery Blau Katze ブラウカッツェ』
会期中前半三日間(12~14日)は作家在廊予定

●5月・岡山『村田收絵画展』
会期・5/15(水)〜5/20(月)
『岡アートギャラリー』(岡山後楽園の近く)
全日作家在廊予定

またどこかで、みなさんにお会い出来たらうれしいです。ことしもビヤ共々、どうぞよろしくお願いします。そしてみなさんの日々にも創作の炎が美しく輝きますように!クプカテラス(掲示板)も再開していますので、また気軽に書き込みをしてくださいね~♪お待ちしています!

銀座の思い出シーンより~♪

クリスマスも終り、いよいよ2018年も終ろうとしていますね。

11月に東京で開催した『村田收展』銀座での思い出より、心に残ったエピソードをひとつご紹介しましょう。いらして下さったお客さまの中には、小学校5年生の女の子Hanaちゃんがいました。Hanaちゃんはクプカの投稿の部屋『きら星ミュージアム』に童話などを投稿してくれていたMieさんの娘さん。ふたりで一緒に絵を観に来てくれました。

小学校五年生のHanaちゃん。

実はこのHanaちゃん。私たちが那須高原に住んでいた頃、自宅アトリエで年に1~2度開催していた『オープン・アトリエ』で、村田收の絵を鑑賞してくれたことがあったのです。その時はまだ、こんな風によちよち歩きでしたが、じっくり絵を観てくれている様子があんまり可愛くて、私は思わずシャッターを切ったものです。その写真がこちら↓

那須高原のオープンアトリエで絵を観るHanaちゃん。

あの日から、ちょうど10年ほどの歳月が流れたようです。その間、お母さん(Mieさんたち)が求めて下さった村田收の絵、数枚を自宅で眺めながら育ち、今年「あの絵の作家さんに会いたい」と、お母さんと一緒に銀座まで神奈川県の自宅から来てくれました。遠いあの日と同じように、絵を観てくれている姿がうれしかった~♪芸術を愛する(入団試験もある合唱団に所属しているとか)感受性豊かな少女に育っていました。月日の流れと共に、絵のもつ力も感じた出来事でした。

みなさん、2018年もお世話になりました。よい年をお迎えください。来る年もステキな出会いが生まれますように!

 

「創作の森」