カテゴリー別アーカイブ: 料理

Akemiのお料理メモ

陶器のエッグベーカーで

今朝の朝食には『湯町窯 の和食器エッグベーカー』を直火にかけて玉子を一個ずつ蒸し焼きにして添えた。最近はいろんなエッグベーカーが見つかるけれど、玉子一個がピッタリサイズのこの大きさが丁度いいし美しい☆彡

民藝運動の英人バーナード・リーチが伝えたエッグベーカー。料理好きだった実家の母がどこかの民藝コーナーで発見して以来、我が家の定番でお嫁入の時にも五客ほど持たせてくれた(当時から一客五千円ほどしたから高価な和食器)でも高価な外国の洋食器よりも我が家では重宝。引っ越しを繰り返している間に数が減ってまた補充したりもしつつ、現在は四客しか残っていないけれど、調理はいっぺんに(同時に)作れないので数はいらない。

コンロで2個同時につくっているところ

調べたら今も宍道湖の畔で作られているらしい『山陰の銘窯。3代4代と紡ぐ異国情緒あふれる布志名焼、湯町窯の作品です』とあった。大山に行ったら足を延ばして訪ねてみたいな~ネットでも手に入るけれど、どんな場所で作られているかいつか観てみたい。

【調理の仕方】
器を火にかけ少しあったまったら、バターひとかけ入れてじゅっと解けたら玉子を一個落とす。パラパラと塩をふり(あとで醤油も差すので入れ過ぎない)フタをして1~2分ほど蒸し焼きにしたらフタをあけ様子を見て、こんな感じの時にしょうゆを1~2滴差して、またフタを閉じて蒸し焼き。ココから後はすぐに玉子が固まりやすいので気を付けて(分数よりもフタを時々あけて目で確認)

フライパンで作る目玉焼きとどう違うの?いえいえ、食べると分かるけれどまるで別物💦 たまごの周りに香ばしい焦げ目がついて中は半熟卵がとろ~り。バターと醤油の風味がたまらないので、ふいのお客さまに出してもよろこばれる。玉子はいつでも冷蔵庫にあるからねっ(^_-)この書き込みをしたあと、食器棚の奥をよく探したら、もう1セット発見!( ^)o(^ ) 我が家には全部で四客あることが判明したので、二客は大山に置いておこうかな?

料理というほどの難しさはないが、焼き加減のコツが決め手。 この程度で火をとめ食卓へ。フタをして運んでいる間に表面の白味部分はカバーされる。 この器は今はネットでも手に入るが、民藝風の食器を多く扱っているクラフト店などでもたまに見つかる事がある。大小二種類アルけれど、小の方が玉子一個に丁度いい。

ナスのピリ辛

ナスは大好きな野菜のひとつ。お漬物にしても煮ても焼いても揚げても美味しい。和洋中華どんな味にも変幻自在。ナス自身に強い個性がナイからこそ色んな味をスポンジのように染み込ませることが出来る….それもまた素晴らしい個性だな…としみじみ。でも大好きな野菜なので、たまには主役を張らせたい。そんな時、我が家の食卓に上るのがこのメニューです。絶対おいしい。


●『ナスのピリ辛』
ナス自体は素揚げして火を通し(油をペーパーで少し取ってから)フライパンに投入してタレと絡めるのがポイント。素揚げが面倒な場合は、炒めてもイイですが、やっぱり素揚げ(水気を切って衣を付けずに揚げる)方が断然おいしい。
【レシピ】
1.下準備・ナス(中位2本ほど食べ易い大きさ細目に切る)水にさらした後、ペーパータオル等でよく水気を切っておく。長ネギはみじん切り。トウガラシ(輪切り等)も用意しておく(一味唐辛子でも可)
2.タレ(醤油大スプーン2杯、日本酒大1、さとう大1、だし汁(白だしで可)大1or2、ゴマ油大1)を別の器にあらかじめ作ってかきまぜておくⒶ
3.よく水気を切ったナスを180度位に熱した油に入れ、ひっくり返しながら素揚げ(衣はつけない)する。色がほんのりついて中まで火が通ったらスグ上げてペーパータオル等で余分な油をとるⒷ

素揚げ後ペーパーの上で余分な油をとる


4.Ⓑが冷めないうちにフライパンへ。タレⒶを投入してからめ、長ネギのみじん切りとトウガラシも散らしてさっと炒めたら出来上がり。皿に盛り熱いうちにどうぞ。時間が勝負の料理です。

トウガラシ今回は糸状を使いました
しんなりトロ~リすこし甘くてピリリと辛い

熱いうちに召し上がれ~♪

ドライカレーonサフランライス

サフランライスの真ん中にカレーを盛り付けた場合

1.サフランライスを炊く(香辛料のサフランを手に入れて炊いてもオーケーですが、その方がお値段が高くついたりもするので、私はパエリアの素として売られているエスビー(シーズニング)の『パエリア』を二合ほどのお米に水の段階でパラパラ入れて炊いています。

2.フライパンにオリーブオイルあたため、ガーリックひと欠けと玉ねぎのみじん切りを加え香りが出るまで炒め、ニンジンのみじん切りなど野菜(その時にアルものでピーマンやキノコ類なども加えるとイイ)とミンチ(豚でも合いびき肉でも良い)を加えよく炒めるⒶ

野菜はすべてみじん切り

3. Ⓐの全体がひたる程度の水を加え、粉末のカレー粉(銘柄はお好みで)を大スプーン2ほど加え(白ワインも少し加えて煮るとなお美味しい・コンソメ顆粒があれば小匙2ほど加えてもいい)ことこと弱火で煮て水分を適度に飛ばし、最後に塩で味を調えるⒷ

カレー粉を加えてことこと煮る

4.サフランライスの上にⒷをかけ、中心に生卵の黄身だけ落とす。盛り付け方はお好みで。ライスの周りにたっぷりめにカレーを回しいれてもオーケー。生卵はお好みで。

ドライカレーを周りに盛った場合

長ネギの刻んだのをパラパラっと散らして醤油を回し入れても結構よく合います。その日の気分でいろいろアレンジしてね~♪

ずんだ餅

ずんだ餅ってご存知ですか?枝豆を磨りつぶしたアンにお餅をからめて頂く東北生まれの和菓子です。東北でよく食べられる逸品ですが、鮮度がポイントなので冷凍とかで取り寄せないと、なかなか手に入りません。でも大丈夫。ミキサーがあればお家でも作れます♪ ま、それなりに手間はかかりますが、この美味しさに出会えるなら作っちゃう v(^-^)

【材料】~ずんだ餅4~5個分~
●枝豆(サヤがついた状態)200グラム程度。冷凍の枝豆でもオーケー。
●切り餅or丸餅 お好みのもの4~5個
●砂糖15グラム
●塩少々
●水50cc

(1)ビールのおつまみにする要領で枝豆をゆがき、サヤから豆を出し薄皮もむく(面倒なら薄皮つきでもイイですが、食感と色合いは違います)

(2)ミキサーに(1)の作業を終えた豆を入れ、砂糖(我が家は三温糖を使いますがお好みのもので)、塩(甘みを引き立てるためにパラパラっとふりかける)、水50CC(ミキサーですり潰すため)入れ、スイッチを押す。

我が家では砂糖は三温糖を使っています。

(3)完全にすりつぶす必要はありません。粒つぶが残っている位の方が美味しいように思います。

(4)ミキサーから取り出した、ずんだアンにゆがいた餅をからめて出来上がり。餅はやわらかくなり過ぎないように気をつけて。

枝豆が好きな方ならきっと気に入ると思います。お試しあれ。東北を旅した時に頂いた思い出を味わいながら頂きます。鮮度が大事なので日持ちはしません。作ったら色も香りもよいうちにどうぞ(^-^)ノ

粒々なくしたかったら『すり鉢 』 とかで潰す。

オムライスとポテトサラダ

本日は、洋食屋さん💛あけみ亭(笑)
『オムライス&ポテトサラダ~♪』

子どもの頃からオムライスって好きなんですよね~。たまに食べたくなります。それにポテトサラダはパンにもご飯にも合う定番なので多めに作って保存しておきます。

オムライスの中に入れるチキンライス(鶏肉、エビ、玉ねぎ、ピーマンetc.)には、ケチャップかトマトピューレを使いますが、外にかけるソースはあえてケチャップよりデミグラスソースっぽい方が好きなので、今回はチリソースも加えた特製ソース(ごまダレも加えてやや白っぽい)にしました。

玉子がまだ柔らかいうちにチキンライスを包むようにまと
めましょう。底は開いててかまわない。


そこにお皿をカバー。片手でお皿の底を抑えつつ、フライ
パンをひっくり返せば、きれいなオムライスが出来ます。
ちょっと崩れたら皿のうえで整えましょう。



卵をつぶすには、穴のあいたポテトマッシャーが便利ですよね~マヨネーズに塩こしょうで混ぜた後、キュウリの薄切りと茹でたニンジンも加えもういちど味を調えざっくり混ぜたら出来上がり。