あけみ のすべての投稿

どんなスタイルであれ表現者でありつづけられたらいいな...。創作の森クプカを夫(水彩画家・村田收)と共に運営。文章作品や人形作品を創作してクプカの森の中にある『Akemiの絵本カフェ』にアップしています♪

陶器のエッグベーカーで

今朝の朝食には『湯町窯 の和食器エッグベーカー』を直火にかけて玉子を一個ずつ蒸し焼きにして添えた。最近はいろんなエッグベーカーが見つかるけれど、玉子一個がピッタリサイズのこの大きさが丁度いいし美しい☆彡

民藝運動の英人バーナード・リーチが伝えたエッグベーカー。料理好きだった実家の母がどこかの民藝コーナーで発見して以来、我が家の定番でお嫁入の時にも五客ほど持たせてくれた(当時から一客五千円ほどしたから高価な和食器)でも高価な外国の洋食器よりも我が家では重宝。引っ越しを繰り返している間に数が減ってまた補充したりもしつつ、現在は四客しか残っていないけれど、調理はいっぺんに(同時に)作れないので数はいらない。

コンロで2個同時につくっているところ

調べたら今も宍道湖の畔で作られているらしい『山陰の銘窯。3代4代と紡ぐ異国情緒あふれる布志名焼、湯町窯の作品です』とあった。大山に行ったら足を延ばして訪ねてみたいな~ネットでも手に入るけれど、どんな場所で作られているかいつか観てみたい。

【調理の仕方】
器を火にかけ少しあったまったら、バターひとかけ入れてじゅっと解けたら玉子を一個落とす。パラパラと塩をふり(あとで醤油も差すので入れ過ぎない)フタをして1~2分ほど蒸し焼きにしたらフタをあけ様子を見て、こんな感じの時にしょうゆを1~2滴差して、またフタを閉じて蒸し焼き。ココから後はすぐに玉子が固まりやすいので気を付けて(分数よりもフタを時々あけて目で確認)

フライパンで作る目玉焼きとどう違うの?いえいえ、食べると分かるけれどまるで別物💦 たまごの周りに香ばしい焦げ目がついて中は半熟卵がとろ~り。バターと醤油の風味がたまらないので、ふいのお客さまに出してもよろこばれる。玉子はいつでも冷蔵庫にあるからねっ(^_-)この書き込みをしたあと、食器棚の奥をよく探したら、もう1セット発見!( ^)o(^ ) 我が家には全部で四客あることが判明したので、二客は大山に置いておこうかな?

料理というほどの難しさはないが、焼き加減のコツが決め手。 この程度で火をとめ食卓へ。フタをして運んでいる間に表面の白味部分はカバーされる。 この器は今はネットでも手に入るが、民藝風の食器を多く扱っているクラフト店などでもたまに見つかる事がある。大小二種類アルけれど、小の方が玉子一個に丁度いい。

大山-daisen-アトリエ始動!

世界中がコロナ禍で未曾有の事態となり(2020年から今も)我々も2020年は展示会の予定はすべてキャンセルし今年も予定は入れていません。けれど、それは色んな業種いろんな立場の人たちがガマンと共に、目を外ではなく内に向ける機会にもなったような気がします(望まないことであったとしても)そんな中で2020年の秋に私たち夫婦は思い切って、鳥取県・大山-daisen-に自分たちの創作の場(アトリエ)を持つ決断をしました。

西側から見ると大山は富士山のよう(ホウキ富士)akemi murata~2021年5月~

アトリエを見つけた場所は別荘地ですが、利用する感覚としては遊ぶための別荘というよりは『二拠点居住 』。東日本大震災が起きる前の10年間を暮らした那須高原での明け暮れにあった『創作にとってより良い集中できる環境 』 を取り戻すのが目的です。

菜の花畑で写真を撮るOsamuMurata…絵の題材が沢山見つかります。

大山は 、自宅のある岡山市内から車で高速を利用すれば2時間半ほどの距離にあります。それなら高齢になった愛猫ビヤ(現在16才)も一緒になんとか移動して滞在できるのも決めた理由。

ビヤも一緒に、いろんな季節の高原生活を体験し慣れてきました。

大山は雪が積もる期間もありますが、アトリエ内部には薪ストーブもあるので、冬にはその前がいつもビヤの指定席(笑)

訪れた日本海に面する美保神社(島根)も神話のふるさと

また大山(鳥取)は山陰地方なので山陽(岡山)とは違う文化圏が広がっています。米子の町や日本海も近く、すぐお隣の島根県は日本神話のふるさと。滞在中には、そんな神話巡りの旅も楽しみのひとつになっています。

コロナ禍ばかりではなく公私ともに昨年は色んなことが重なり、しばらくブログの更新も遅れていましたが、大山アトリエからようやく新作たちが生まれる環境が整いつつあります。新作の絵は村田收のYouTubeチャンネルでもご覧いただけますのでお楽しみに♪一日も早くふつうにマスクなしの笑顔でお会いし作品を観て頂ける日が来ることを、ただただ祈りつつ。どうぞ皆さん、お元気でいてください!

■YouTube 村田收チャンネル:
https://www.youtube.com/c/osamumurata

【愛燦燦 香葉のせかい展】終了

11月11日~16日の会期で開催した村田香葉の書展(個展)お天気にも恵まれ、盛況のうちに終えることが出来ました♪いらして下さった皆さん本当にありがとうございました!90才(卒寿)の香葉(村田收の母)も人生の集大成として開催することが出来、多くの方に喜んで頂けて本当に嬉しかったようです。

初日は三人でお客さまをお出迎え(左から收・香葉・明美)

【愛燦燦 香葉のせかい展】~あいさんさん こうようのせかいてん~●会期・2020年11月11日(水)~11月16日(月)●時間・11時~18時(最終日16時まで)●場所・岡アートギャラリー岡山市中区浜2丁目2-38●入場無料●お問い合わせ先 岡アートギャラリー ℡086-206-5005●出品数 約30点

山陽新聞朝刊11月7日に掲載された記事

地元の山陽新聞に卒寿90才の個展ということで、大きく記事が掲載されたこともあり、沢山の方がお越しになられました。後半はご覧になった方がまたお伝え下さったようでクチコミで来られるお客さまも多くなりました。

掛け軸をメインに飾っている二室目の部屋にて

額作品や色紙をご覧頂く一室目の展示

岡山後楽園の対岸に位置する【岡アートギャラリー】の外観。しっとりとした土蔵づくりのシックなギャラリーです。2019年5月には『村田收水彩画展』も開催したお気に入りのギャラリー。

表に出した看板の文字も香葉の直筆

愛燦燦・香葉のせかい展

中央の字はもちろんですが周りに散りばめられた字もすべて「愛」

創作の森クプカ内に『香葉の墨の詩』として部屋がある書家の村田香葉(こうよう)の個展を岡アートギャラリー(in 岡山)にて11月11日より開催します。

【愛燦燦 香葉のせかい展】
~あいさんさん こうようのせかいてん~
●会期・2020年11月11日(水)~11月16日(月)
●時間・11時~18時(最終日16時まで)
●場所・岡アートギャラリー(岡山市中区浜2丁目2-38)
●入場無料
●お問い合わせ先 岡アートギャラリー ℡086-206-5005
●出品数 約30点

三歳で父の意向で筆をとり、戦争の時代をくぐり抜けた折も幸せなことに書の良き師達とめぐり逢い、卒寿(90歳)を迎えた今、書道作品を並べさせていただくご縁を得ました。ご高覧の上、どなた様かのお心と響き合えることが出来ましたら幸甚に存じます。  村田香葉

ご案内状の切手面はこちら

『岡アートギャラリー』は岡山後楽園の対岸にある土蔵造りのステキなギャラリー。昨年(2019年11月)村田收の水彩画展を開催した場所ですが、その際、息子の展示を観に訪れた義母(香葉)がギャラリーの雰囲気をとても気に入り「ここでなら私も個展をやってみたい」と呟いたのが今回の展示につながりました。

高齢なので体調に不安もありましたが、これまでの人生「書をいのちのエネルギーにして生きてきた」母なので90才で書展を開催するという目的に向けこの一年がんばってきたようです。 村田收(息子)の絵のうえに私(嫁の明美)の詩を香葉が書で表現するという『三人によるコラボ展』は倉敷中央画廊や岡山国際ホテルのロビーで開催したことが何度かありますが、香葉ひとりの書道展は岡山では初(那須高原でいちど開催)となります。 初日11日(水)と14日(土)の11時~午後2時までは作家在廊予定(村田收と明美も在廊)。こういう時期ではありますが、ギャラリーはコロナ対応をしっかりしてお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

村田香葉 Koyo Murataプロフィール
東北大学卒。毎日展受賞入選二十回 。元読売展会員。 元日本書芸院無鑑査。 全日本三楽書道展審査員 。全国公募仙南書道展審査員。 倉敷市書道展審査員。 青雲書道会主宰。 ★「香葉の墨の詩」にてこれまでの作品をご覧になれます。
(今回の展示会に出す作品ではありません)

書展というと「読めない」「敷居が高い」と感じる方も多いと思いますが「難しい言葉ではなくて日常生きる上で支えとなる様な言葉を選び…誰でも読める書展」が香葉のポリシー。ご覧のようにポストカードの作品は「愛」。中央の字はもちろんですが周りに散りばめられた字もすべて「愛」。もともと漢字は中国から渡ってきましたが、その中国でも時代により様々な変遷や書があり、義母はそれらの「愛」を書き込んでいます。まさに愛燦燦(あいさんさん)な書ですね。中央の愛の字の側にある『道は自分でつくる・・』は相田みつをの言葉。11月に卒寿(90歳)を迎える義母ですが今なお現役。生徒さん(現在は大人の方たちのみですが)の指導も続け、筆を持たない日はありません。3才から続けて来たようですから書歴87年ですね~  (村田あけみ)

ナスのピリ辛

ナスは大好きな野菜のひとつ。お漬物にしても煮ても焼いても揚げても美味しい。和洋中華どんな味にも変幻自在。ナス自身に強い個性がナイからこそ色んな味をスポンジのように染み込ませることが出来る….それもまた素晴らしい個性だな…としみじみ。でも大好きな野菜なので、たまには主役を張らせたい。そんな時、我が家の食卓に上るのがこのメニューです。絶対おいしい。


●『ナスのピリ辛』
ナス自体は素揚げして火を通し(油をペーパーで少し取ってから)フライパンに投入してタレと絡めるのがポイント。素揚げが面倒な場合は、炒めてもイイですが、やっぱり素揚げ(水気を切って衣を付けずに揚げる)方が断然おいしい。
【レシピ】
1.下準備・ナス(中位2本ほど食べ易い大きさ細目に切る)水にさらした後、ペーパータオル等でよく水気を切っておく。長ネギはみじん切り。トウガラシ(輪切り等)も用意しておく(一味唐辛子でも可)
2.タレ(醤油大スプーン2杯、日本酒大1、さとう大1、だし汁(白だしで可)大1or2、ゴマ油大1)を別の器にあらかじめ作ってかきまぜておくⒶ
3.よく水気を切ったナスを180度位に熱した油に入れ、ひっくり返しながら素揚げ(衣はつけない)する。色がほんのりついて中まで火が通ったらスグ上げてペーパータオル等で余分な油をとるⒷ

素揚げ後ペーパーの上で余分な油をとる


4.Ⓑが冷めないうちにフライパンへ。タレⒶを投入してからめ、長ネギのみじん切りとトウガラシも散らしてさっと炒めたら出来上がり。皿に盛り熱いうちにどうぞ。時間が勝負の料理です。

トウガラシ今回は糸状を使いました
しんなりトロ~リすこし甘くてピリリと辛い

熱いうちに召し上がれ~♪