カテゴリー別アーカイブ: 絵

大山-daisen-アトリエ始動!

世界中がコロナ禍で未曾有の事態となり(2020年から今も)我々も2020年は展示会の予定はすべてキャンセルし今年も予定は入れていません。けれど、それは色んな業種いろんな立場の人たちがガマンと共に、目を外ではなく内に向ける機会にもなったような気がします(望まないことであったとしても)そんな中で2020年の秋に私たち夫婦は思い切って、鳥取県・大山-daisen-に自分たちの創作の場(アトリエ)を持つ決断をしました。

西側から見ると大山は富士山のよう(ホウキ富士)akemi murata~2021年5月~

アトリエを見つけた場所は別荘地ですが、利用する感覚としては遊ぶための別荘というよりは『二拠点居住 』。東日本大震災が起きる前の10年間を暮らした那須高原での明け暮れにあった『創作にとってより良い集中できる環境 』 を取り戻すのが目的です。

菜の花畑で写真を撮るOsamuMurata…絵の題材が沢山見つかります。

大山は 、自宅のある岡山市内から車で高速を利用すれば2時間半ほどの距離にあります。それなら高齢になった愛猫ビヤ(現在16才)も一緒になんとか移動して滞在できるのも決めた理由。

ビヤも一緒に、いろんな季節の高原生活を体験し慣れてきました。

大山は雪が積もる期間もありますが、アトリエ内部には薪ストーブもあるので、冬にはその前がいつもビヤの指定席(笑)

訪れた日本海に面する美保神社(島根)も神話のふるさと

また大山(鳥取)は山陰地方なので山陽(岡山)とは違う文化圏が広がっています。米子の町や日本海も近く、すぐお隣の島根県は日本神話のふるさと。滞在中には、そんな神話巡りの旅も楽しみのひとつになっています。

コロナ禍ばかりではなく公私ともに昨年は色んなことが重なり、しばらくブログの更新も遅れていましたが、大山アトリエからようやく新作たちが生まれる環境が整いつつあります。新作の絵は村田收のYouTubeチャンネルでもご覧いただけますのでお楽しみに♪一日も早くふつうにマスクなしの笑顔でお会いし作品を観て頂ける日が来ることを、ただただ祈りつつ。どうぞ皆さん、お元気でいてください!

■YouTube 村田收チャンネル:
https://www.youtube.com/c/osamumurata

日本脳神経外科学会の展示

日本脳神経外科学会の展示のために、昨日は搬入作業でした。岡山コンベンションセンターという広い会場内のブース展示です。いつもの個展とは違って、広い会場の搬入は慣れない作業でした。業者さんのトラックに挟まれて、僕の車は場違いな感じ・・・
でも、僕と妻がやったのは飾りつけ部分だけで、それ以外はすべて担当の方が手伝って下さり、何のトラブルもなくスムーズに展示は終了しました。飾りつけを手伝ってくれたあけみとRさん、ありがとう。

写真でお分かりのように、ポスターの絵「Brain Secret」の原画はもちろん飾っています。そしてポスターを描いた直後に、もう一枚描きたくて、同じ世界観で描いた絵も飾っています。右から二番目の一番大きな作品。タイトル「Crystal Ball」。

とても大きなモニターにYouTubeの絵の制作動画を流していただいています。今までに発表したYouTube動画、5本繋げたものをエンドレスで流しています。音声は声が聞こえるといやなので、なしなんだけど・・業者さんが気を利かせてBGMを付けてくれています。
仕上げにLEDのスポットライトを、沢山取り付けていただきました。
「沢山付けたほうが絵が明るく見えますので・・」
業者さんのお言葉で、いつもよりいっぱい!

普段、学会などというものには全く縁のない生活なので、とても刺激的な経験になっています。

プロフィールチラシ、母、村田香葉の11月11日から岡山の個展DMなど。向こう側のテーブルには今回の展示に合わせて作成した画集。

絵を描くのは一人だけの作業がほとんなので、「公の場で活動する分野の脳」が退化しているのですが、今回はだいぶ刺激になっています。また、こうした経験ができると、絵を描いていて良かった・・・と思います。
この学会のおかげで、オンラインも含め、沢山の方に絵を見て頂くことができました。今回の展示の機会を与えてくださった方々、お手伝いしてくださった方々に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
学会ホームページはこちらです。
http://jns2020.jp/

日本脳外科学会のポスターの絵を制作しました

「Brain Secret」アクリル画。10月15日から17日まで、岡山市で日本脳神経外科学会が開催され、日本全国から脳外科のお医者様方が集まります。光栄なことに、そのポスターの絵を描かせていただきました。「人材育成」という書は、母の村田香葉が書きました。

この絵はポスター、サイト、など学会関連の資料に沢山使っていただいております。会長、岡山大学大学院 脳神経外科教授 伊達勲先生・・・「今回のポスターは、テーマに沿ったイメージで、岡山市在住の画家、村田 收 様に(タイトル”Brain Secret”)、題字は書家の村田 香葉 様に描いていただきました。心に残るファンタジー溢れるポスターと自負しています。(学会のサイトから転載)」との温かいお言葉を頂きました。

期間中は私の絵と母の書をご覧いただける展示コーナーがあります。10点くらいの原画と書を飾る予定です。残念ながら、学会参加者以外の方は入場ができません。もしこの学会に参加される方がいらっしゃいましたら、ぜひ展示コーナーに足をお運びください。学会ホームページはこちらです。http://jns2020.jp/

水彩画『白花少女』

モデル、資料なしで人物を描いてみた。

モデルや資料を使わないで描くということは、自分の魂の絵を描くということだ。
だから絵に魂が宿らないと完成とは言えない。

今回かかった時間は5日ほど。
次から次へと少女が現れては消えていった。
完成の絵は最後の少女だ。

でも、動画を撮影しているおかげで
消えた少女たちも見ることができる。

ぜひ制作動画もお楽しみ下さい。
ここにアップしているのは絵の一部分で、
動画では全体を見ることができる。

制作動画 Making Movie
https://youtu.be/_OstyM8dXEg