三都物語【PART2】 京都

京都に行ったとき、友人の案内で連れて行ってもらった並河靖之七宝記念館のお庭。見事な七宝作品はもちろん、このお庭がけっして大きくはないけれど素晴らしかったです。それもそのハズ。七代目小川治兵衛の作庭。京都市指定名勝になっています。

『明治の大事業「琵琶湖疏水」を利用した「水の庭」。 初めて個人邸に水を引いて造った庭は、大部分をしめる池から急激に浅瀬へ向かい、棗形の手水鉢で二手に分かれる流水は、躍動感に富む斬新な構成。景石や燈籠など、石へのこだわりも見どころのひとつである』~記念館のホームページより引用

2018年6月29日撮影。
並河靖之七宝記念館↓ホームページ
http://www8.plala.or.jp/nayspo/

京町屋(まちや)には「通り庭」と呼ばれる空間がよく見かけられます。天井が高くて自然光が入り、土間になっていてお台所も兼ねています。庭というと植栽のある野外を想像しますが、もともと庭は『なにかをする特定の広い場所』という意味なのだそうです。いわゆる植栽された庭は『前栽(せんざい)』と呼ばれ、区別されているとか


この『通り庭』=家の敷地の表から奥へ通じる土間には、北から順に井戸、ハシリ、流し、へっつい、庭戸棚が並んでいます。また夏には風の通り道となり、冬は床上を極端な冷気から守るという役割もあるそうです。並河靖之七宝記念館にて。

それにしても京都は今や海外の観光客で大賑わい。京都で見かけた風景を幾つかご紹介しましょう。

自撮り帽で写真撮影中?観光客向けに着付けも行われているようで着物姿の若い女性観光客によく出会います。でも近づくと日本語じゃない言葉が聞こえてきたり、京都は国際色満点。

観光案内図もこの通り。いったい何ヶ国語で書かれているのでしょう。

京都には幼馴染が暮らしています。彼女に案内してもらって穴場の庭園やお店、お食事も・・毎回、行くのが楽しみです。

総本山『智積院』にて。幼馴染がシャッターを切ってくれました。このお寺は便利な場所にありますが、穴場的。お庭も比較的すいていてゆっくりと京の風情を味わえます。

涼しくなったら、また訪ねたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です