映画レビュー『ONCE ダブリンの街角で』

『ONCE ダブリンの街角で』2007年公開アイルランド映画。

『映画と音楽の関係』で思い出す名作は数限りなくアルけれど、何度も観たくなる映画となると結構すくない。そんな中、この映画はwowowでたまたま観て気に入り、いまも消さずに残してミュージックビデオのように流しながら作業したりしている。そういう意味ではちょっと稀有な音楽映画かもしれない。華やかなストーリー展開もなく、ローコストで有名俳優も一切出ていない地味~な映画なのだけれど。


ストリート・ミュージシャン “ハンサード”(男)とチェコ系移民 “イルグロヴァ”(女)が、ダブリンの街角で出会い、音楽を通して心を通わせていく…いわゆるラブストーリーという設定はあるものの、むしろ主役は『音楽』そのものかもしれない。主演の2人も俳優ではなくプロのミュージシャン。 ジョン・カーニー監督&脚本も元ベーシスト。映画の予算も少なく監督も役者も有名ではなかったのに、2007年に全米では2館から公開スタート。クチコミで話題になり、140館まで劇場数を増やした。
サウンドトラックは全米チャートで2位を獲得。公開された2007年のインディペンデント・スピリット賞の外国映画賞を受賞。ハンサードとイルグロヴァの曲『フォーリング・スローリー(英語版)』Falling Slowly は第80回アカデミー賞歌曲賞まで受賞した上、サウンドトラックはグラミー賞にノミネートされた。
ハリウッド映画のようにハンサムな俳優も、モデルのような女優も出てこない(ラブシーンもない)けれど、そこが何とも初々しく切なく音楽のように沁みてくる。