陶器のエッグベーカーで

今朝の朝食には『湯町窯 の和食器エッグベーカー』を直火にかけて玉子を一個ずつ蒸し焼きにして添えた。最近はいろんなエッグベーカーが見つかるけれど、玉子一個がピッタリサイズのこの大きさが丁度いいし美しい☆彡

民藝運動の英人バーナード・リーチが伝えたエッグベーカー。料理好きだった実家の母がどこかの民藝コーナーで発見して以来、我が家の定番でお嫁入の時にも五客ほど持たせてくれた(当時から一客五千円ほどしたから高価な和食器)でも高価な外国の洋食器よりも我が家では重宝。引っ越しを繰り返している間に数が減ってまた補充したりもしつつ、現在は四客しか残っていないけれど、調理はいっぺんに(同時に)作れないので数はいらない。

コンロで2個同時につくっているところ

調べたら今も宍道湖の畔で作られているらしい『山陰の銘窯。3代4代と紡ぐ異国情緒あふれる布志名焼、湯町窯の作品です』とあった。大山に行ったら足を延ばして訪ねてみたいな~ネットでも手に入るけれど、どんな場所で作られているかいつか観てみたい。

【調理の仕方】
器を火にかけ少しあったまったら、バターひとかけ入れてじゅっと解けたら玉子を一個落とす。パラパラと塩をふり(あとで醤油も差すので入れ過ぎない)フタをして1~2分ほど蒸し焼きにしたらフタをあけ様子を見て、こんな感じの時にしょうゆを1~2滴差して、またフタを閉じて蒸し焼き。ココから後はすぐに玉子が固まりやすいので気を付けて(分数よりもフタを時々あけて目で確認)

フライパンで作る目玉焼きとどう違うの?いえいえ、食べると分かるけれどまるで別物💦 たまごの周りに香ばしい焦げ目がついて中は半熟卵がとろ~り。バターと醤油の風味がたまらないので、ふいのお客さまに出してもよろこばれる。玉子はいつでも冷蔵庫にあるからねっ(^_-)この書き込みをしたあと、食器棚の奥をよく探したら、もう1セット発見!( ^)o(^ ) 我が家には全部で四客あることが判明したので、二客は大山に置いておこうかな?

料理というほどの難しさはないが、焼き加減のコツが決め手。 この程度で火をとめ食卓へ。フタをして運んでいる間に表面の白味部分はカバーされる。 この器は今はネットでも手に入るが、民藝風の食器を多く扱っているクラフト店などでもたまに見つかる事がある。大小二種類アルけれど、小の方が玉子一個に丁度いい。