三都物語【Part1】 神戸

三都物語という切り口のコマーシャル(JRでしたね)がテレビから流れていたのは、いつの頃だったでしょう。私(akemi)にとって大阪は結婚するまでを過ごした故郷ですから、神戸も京都もお隣さん。京都の大学に通っていた親友を訪ねたり、神戸には音楽の勉強でレッスンに通ったり・・・と青春の思い出がいっぱい詰まっています。そんな場所を新緑の季節に訪ねました。

まずは神戸の旅の思い出を少しご紹介しましょう。

神戸・芦屋川の畔で。2018.新緑の季節。

阪急沿線にある芦屋川駅から川沿いの道を歩きました。学生時代には音楽(声楽)を専攻していたので、個人レッスンに先生のお宅に通った懐かしい道です。

自宅を照明デザイナーの方がギャラリーにされている『flame』さんを訪ねました。丁度、年に一度のイベント開催中。アンティーク家具と照明が『美しい暮らしの提案』をしてくれていました。

照明と暮らしを提案する『flame』
http://www.flame-product.com/

久しぶりに阪急電車に乗りました。昔と少しも変わらない色が懐かしかった。車内のシートもモスグリーンで変わっていません。急ぎ足の時代の中で、こういう姿勢って何だか凛としていて潔く感じます。

神戸は夜景も美しかった。

三都物語(つづく)

「三都物語【Part1】 神戸」への4件のフィードバック

  1. 岡山は昨夜の大雨で、大変ですね。
    大丈夫ですか?

    まだ、雨が続くようですので、気をつけてください。

    1. ご心配かけてすみません。大丈夫です。うちの辺りは高台なので浸水の心配はもともとナイのですが、山には近いのでやはり山崩れが心配でした。何しろバケツをひっくり返したような雨が四日以上ずっと降りつづけだったので。でも、今はやんでいます。夫が家の周りから町内をぐるっとドブの流れのようすも見に行きましたが、濁った水とかではなく通常のすんだ水で量も通常に戻っているようです。

  2. ひなたです。
    岡山、大変なことになっておりますが、大丈夫でしょうか?
    ニュースの映像では良く遊びに行っていった倉敷のひどい様子に愕然としています。

    こちらではようやく雨が止んで、久しぶりにカエルの鳴く声が聞こえてほっとしています。
    どうか、どうか、そちらも早く雨がやみますように。

    1. 四国も大雨の量がハンパなかったですよね。地域によってはいちばん雨量が多かったんじゃないですか?いまテレビに頻繁に映っている場所は倉敷市ではありますが、いわゆる、ひなたさんがよく知っている倉敷(美観地区とか)ではなく総社に近いところです(合併して倉敷になったみたい)

      実はその真備には、夫の上の妹の仕事場があり、一瞬、浸水したのでは?と心配しましたが、幸い水につかる場所ではなかったようです。ただ公共の施設なので即、避難所に変わり、妹も避難して来られている方たちのお世話にずっと奔走しているようです。妹も体が強い方ではないので、家族としては過労も心配です。

      倉敷市内の夫の実家は家の前に疎水が流れていますが、一時、道と疎水との境目が分からないほどになったものの幸い庭が水浸しになった程度でおさまりました。いまは水位も下がっているとのこと。ただ、まだまだ大雨にみまわれた地域は安心は出来ませんね。いまは雨が上がっています。日頃、災害に不慣れな岡山(晴れの国)だけにみんな動揺が激しいように思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です